読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

veryray’s blog

気になる出来事や気になるものなどジャンルを問わずに書くブログです。

コウノドリ第7話は切迫流産?あらすじの動画を見て考えてみた

ドラマ

 

f:id:veryray:20151125220505j:plain

前回あと2話で終わるかと思っていましたけど
公式HPを見ると第9話までありました(照)
ちゃんと見ろよって話ですね(すみません)

 

第7話あらすじ

助産院での自然分娩こそが赤ちゃんにとって一番の幸せだと信じて疑わない妊婦・森亜沙子(南沢奈央)は、バランスの取れた食生活を送り適度な運動を欠かさない、出産への意識がとても高い妊婦。しかし、助産院での出産への思いが強すぎるのか病院の産科を毛嫌いする一面も。通院する助産院のベテラン助産師・野々村秀子(冨士眞奈美)には、理想の出産を満足げに語るが、義務づけられている病院での検診では、担当医の鴻鳥サクラ(綾野剛)と一度も目も合わせないほど、病院での出産を嫌悪している。
 
一方、陣痛の痛みに耐えられない妊婦・山田郁美(足立梨花)は、助産師が主導で進められる正常なお産にも関わらず、サクラに対して、産科医なのに何で何もしてくれないのかと叫ぶ。そんな言いたい放題の郁美に対しても、助産師の小松留美子(吉田羊)は力強く手を握って励まし続ける。初産で不安がいっぱいな妊婦にはもっと寄り添う時間を増やしてあげたいが、病院ではそれが叶わない。実は助産院を開業した同期から引き抜きを受けていると、サクラと下屋加江(松岡茉優)に告げる。
そんな折、野々村の発言をきっかけに小松と四宮春樹(星野源)が言い争う事態に。産科医のいない助産院で出産することに否定的な考えを持つ四宮に対して、小松には助産院にある特別な思いがあるようで… 

    引用:第7話のあらすじ|TBSテレビ:金曜ドラマ『コウノドリ』

 

今回は切迫流産からの帝王切開?

第7話の予告動画を見ましたが
サクラが「帝王切開も立派なお産です」と
言っていました

助産院での普通分娩を望んでいた亜沙子(南沢奈央)に
対し言ったのでしょう 

亜沙子はおそらく帝王切開のお産が嫌だと
言ったのでしょうね

でも切迫流産の危険があって急遽帝王切開に
切り替えたって感じじゃないかなと思います

 

私が出産で入院時、同じ病室にいた20歳の
若いお母さん、予定日から相当遅れていました

そして陣痛が強くなり、ようやく分娩室に入ってからも
丸一日以上苦しみ吸引分娩等も試みた結果
最終的に帝王切開になりました

原因は太りすぎにより
大量についた脂肪のせいだそうです
病室に帰ってきてから彼女は
「太り過ぎって言われちゃった」って笑ってました

 私の場合は骨盤内側の変形が原因で
普通分娩は無理で帝王切開になりましたが
普通分娩から帝王切開に切り替わるケースって
様々なパターンがあると思います

 

 まとめ

第7話は普通分娩と帝王切開でのお産についての
話ですね
小松留美子(吉田洋)が引き抜きの話がある
助産院に行くのかが気になりますね

そして赤ちゃんは無事に生まれるのか
(赤ちゃんが生まれた時、いつもうるうるになります)
生命の誕生の瞬間は毎回涙が出てきます

金曜日を楽しみに待つことにしましょう!