読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

veryray’s blog

気になる出来事や気になるものなどジャンルを問わずに書くブログです。

岡本夏生の引退表明、お詫びイベント開催まで、いったい何があったの?

岡本夏生(50)さんが4月18日放送のフジテレビ「ノンストップ!」に
VTR出演し、テレビ引退表明の真相について話しました。
岡本夏生さんは先月29日レギュラー番組「5時に夢中!」を電撃降板し、
その後音信不通となっていましたが、今月11日のふかわりょうさんとの
トークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」に
突然姿を現し、ふかわりょうさんとガチで大喧嘩し残り2日間のイベントは
降板、14日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」で引退ともとれる発言を
していました。そして自身のブログでお詫びイベントの開催を発表しました。
この岡本夏生さんの一連の出来事についてまとめました。

f:id:veryray:20160418163504j:plain

 

 

レギュラー番組「5時に夢中!」降板

4年半レギュラーを務めた「5時に夢中!」を降板した理由のひとつと
して、3月8日放送時にインフルエンザに感染していたことを告白した
ことで周囲に迷惑をかけてしまったということでした。
29日放送のエンディングで「インフルエンザの後、診断書もないまま
テレビに出てしまった。佐々木健介さんはじめ、すべての演者、スタッフの
皆様にとてもご心配をお掛けしました。ご迷惑をお掛けした皆様、本当に
申し訳ありませんでした。」と謝罪し降板しました。

岡本は8日に同番組に生出演した際、その数日前にインフルエンザに感染していたと告白。ただ、薬を飲み始めて5日目であることや、熱はすでに下がっていることなどから、周囲に感染することはないと説明していた。

 しかし、この日はタレントの佐々木健介が共演しており、佐々木の妻でタレントの北斗晶は乳がん闘病中の身であることから、視聴者からは佐々木を介して北斗へ感染する可能性もゼロではないとして批判の声があがっていた。

 今回、岡本は、医者からは「8日からの勤務は可能」と言われていたことを明かし、「そこはご安心下さい」と語った。

http://www.nikkansports.com/

この内容を見ると視聴者からの批判はもっともだと思いますね。
診断書もなしで出演するのは、どうかと思います。
周囲に対する配慮がこの件は足りなかったと思います。

あくまでもこれは理由のひとつなので、番組のエンディングでは
語れない理由があったのでしょうね。

そしてこの後、岡本夏生さんは音信不通になりました。
事務所に所属していない岡本夏生さんと連絡をとるのは彼女の
携帯電話しかなかったようです。

この音信不通だった理由については携帯電話を紛失したからとの
ことでしたが、連絡を取りたくない何か別な理由があったの では
ないでしょうか。

ふかわりょうとの大喧嘩の内容

音信不通の岡本夏生さんとのトークイベントを控えたふかわりょうさんは
岡本夏生さんが出演出来ない可能性があり、希望者にはチケット払い戻しを
する旨のブログを更新しました。

イベント当日の11日、突然岡本夏生さんが会場に姿を現しました。
このイベントはメディア取材が不可でした。そのイベントでは罵詈雑言
のオンパレードでふかわりょうさんも岡本夏生さんに対し、とうとうキレて
しまったようです。

驚くのは岡本夏生さんはほぼスッピン、黒のダウンジャケットに
スエットパンツ姿でイベントに出演し、用意されたイスには座らずござの上で
あぐらをかきながらトークをしていたそうです。
台本では今年の芸能ゴシップをブッタ斬るとで岡本夏生さんがまともに
答えたのは最初のベッキーまでで、加藤紗里の顔が映し出されると
「なんでこんな女やるのよ。聞いてないわよ。打ち合わせしなさいよ。」
と激怒したそうです。でも音信不通だった岡本夏生さんと打ち合わせは無理
だったのに「そんなの関係ない。」の一点張りでこれで温厚なふかわりょう
さんもイラつき始めました。
ここからふたりのマジ喧嘩が始まり、岡本夏生さんの発言にふかわりょうさんが
「いや、それは違うって。」というパターンばかりになりました。

「5時に夢中!」の降板についても岡本夏生さんが番組プロデューサーとの
確執を匂わせるとふかわりょうさんは「芸能界には定められた枠っていうもの
があるんですよ!」と反論、ギャラの話にもなり岡本夏生さんが「このイベント
のギャラの取り分も聞いてない、グッズの収益もいくらか聞いていない!」
と不満を言うとふかわりょうさん」は「結局お金の話か。」と不快感をあらわに
していたとのことです。

最後はとうとうふかわりょうさんもサジを投げ「自分と同じニオイを感じて好き
でしたけど、もうあなたを支えることはできません。」と決別宣言。
これに対し岡本夏生さんは「今日であんたと会うのは最後。このツーショットは
見納めよ!」と返し、イベントは終了したようです。

異様なのはござの上に数台のレコーダーを並べていたこと。ふかわりょうさんに
「家で一字一句、文字を起こして出るとこ出るかオイ!?」と脅すような場面、
何の目的でレコーダーを数台用意していたのでしょう。

途中で幕が下ろされ中断する場面や 客席から「ふたりとも冷静になれ」と
大ブーイングがあったり、最後まで大荒れだったイベントだったようです。

 「ギャラの話しなんかはお客さんに聞かせる話ではない。」とふかわりょうさん
は客席に土下座して詫びていたそうです。
岡本夏生さんはイベントタイトルを引き合いに出し「これがガチンコなんだよ!」
と叫んでいたとか。

イベント終了後、主催者側から12~13日の岡本夏生さんの出演取りやめが発表され
理由については「本日の公演を踏まえまして」とだけだったそうです。

参考元:http://www.tokyo-sports.co.jp/

 

ノンストップで語られたテレビ引退表明の真相

「私たちはテレビ局からのオファーや視聴者の支持がなければ出られない。2週間前に某番組を突然降りてくださいと言われた。自分が思っていたよりも早く降りてくださいとなった。必要ないと言われたら『ちょっと待てよ』とは言えない立場なので」と、4年半レギュラーを務めたTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)の降板が引き金になったと説明した。

 また「いまはテレビの世界に魅力を感じていない。私の発言がハードですから(番組スタッフが)その都度尻ぬぐいをしていたらしく…私は正直に発言しちゃうので、いまの世の中に合っていないんです」と話し、テレビ引退を明確に否定しなかった。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/18/kiji/K20160418012427440.html

番組降板の理由が3月8日放送時にインフルエンザに感染していたことが
理由のひとつとされていましたが、この後に番組側から番組を降りてください
と言われていたことになります。
彼女としては納得いかなかったのでしょうね。

 お詫びイベント開催

岡本夏生さんはトークイベントの騒動について自身のブログで
「お見苦しいガチバトルを見せてしまい、本当にお恥ずかしい限り
でございます」と謝罪し、お詫びイベントを開催することを発表しました。

ameblo.jp

5月2日に東京・渋谷で一連の騒動を謝罪する「1人大反省会イベント」を
開催予定で、「ガチハル!」イベントチケット購入者が対象に無料で招待
するそうです。

 

まとめ

生涯収入が50億円を超えていて、今後はそれらで得た資産の売却や講演会、
執筆活動などで生計を立てていくという岡本夏生さん。
テレビには魅力を感じていないとも言っていましたね。自分は時代のニーズ
に合っていないとも言っていました。もうテレビには本当に出ないでしょう。
確かにハードな発言もありましたが、こういうタレントさんは今珍しいです
からちょっと寂しい気がしますね。