読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

veryray’s blog

気になる出来事や気になるものなどジャンルを問わずに書くブログです。

札幌母娘殺傷事件の容疑者逮捕!この事件とDVについての感想など

生活

札幌市豊平区福住で7日夜に起きた
母娘殺傷事件の容疑者が10日夕方
美幌町で殺人未遂の容疑で逮捕されました。

この事件、私の住んでいる区内で
起こった事件で早く逮捕されないものかと
毎日ニュースを見ていました。

 

事件の概要

7日午後7時10分ごろ、札幌市豊平区福住2の10の住宅に住むアルバイト、大内由布子(ゆうこ)さん(23)から、「元夫が母を刺した」と近所の住人を通じて110番があった。由布子さんの母真弓さん(52)が胸など数カ所を刃物で刺されて1階居間で倒れており、8日午後に死亡が確認された。由布子さんも頭を殴られて全治数カ月の重傷を負い、元夫は逃走した。
北海道警は由布子さんの元夫で、同区美園4の5の職業不詳、白川秀一(しゅういち)容疑者(30)を由布子さんへの殺人未遂容疑で全国に指名手配した。
 事件後、由布子さん宅から長男(1)が行方不明となったが、8日午前2時ごろ、白川容疑者の実母が暮らす、現場から北東に約240キロ離れた美幌町の実家で道警が保護した。

札幌母娘死傷:52歳女性刺され死亡…娘の元夫が逃走 - 毎日新聞

 

DVとストーカーと警察の対応

 由布子さんは昨年1月に
 「夫が離婚に応じない。過去にはDVを受けていた」
 と札幌豊平署に相談、その後離婚が成立しました。
 昨年6月、由布子さんは「電話でもめたので、
 電話を無視していたら家に押しかけてきて大声を出した」
 と同署に説明しました。

 そして今月5日、白川容疑者から「覚えてろよ」という
 内容のメールが届いたため「子供のことにかこつけて
 電話がかかってきたので、電話もメールも無視していたら
 (メールが)届いた」と説明しました。 

 同署は同署は7日、白川容疑者に「これ以上やると
 ストーカーになる」と注意しましたが、その時は
 「わかりました」と応じる様子を見せていました。

 でも、同日夜に事件が発生しました。

 この段階で、白川容疑者はすでにストーカー状態だったと
 思いませんか?
 警察は由布子さんとお子さんをシェルターに避難させるという
 判断はなかったのでしょうか?
 DVDがあったという事実を警察に相談するということは
 相当危険を感じてたからだと思うんですよね。
 しかも3回目の相談後に結果事件が起きました。

 私が思うに、由布子さんの恐怖は相当なものだったと
 思います。それは彼女が結婚して一緒に暮らしていたから
 彼のことがわかるわけで、その彼女が危険を察知して
 警察に相談するというのは、自分の身の危険を感じていた
 からだと思うんです。
 男の人から暴力を受けるというのがどれだけ恐ろしいか
 経験したことのある人しかわからないのかもしれません。
 警察に相談するのが一番ではないという事例になってしまった
 気がします。
 DVを受けている女性って意外と多いんですよ。
 それが表に出ていないのが現状なんです。

 私は警察の今回の対応については疑問が持たれます。

  

事件後、実家の美幌町へ

 事件後、実家の美幌町に長男を預け
 母親に「警察に捕まるくらいなら死ぬ」と言って
 出て行った白川容疑者。

 そして10日夕方、美幌町の山中で白川容疑者の
 ワゴンが見つかり、白川容疑者は灯油をかぶって
 車の中に立てこもっていたところを警察が説得、
 身柄確保されました。

 車から出てくるよう説得を続けていた警察。
 エンジンをかけたままの車内で、白川容疑者が
 ライターを手から離したその瞬間、警察の捜査員が
 車のガラスを割って身柄を確保し逮捕しました。
 白川容疑者は「ぎゃー助けて」と奇声を上げていた
 そうです。「死にたい」と言って実家を後にした
 白川容疑者、なんとも情けない男ですね。

 結局、自分より弱い人間に対して暴力で自分の欲求を
 満たすことしかできない最低の男だと思います。
 捕まる瞬間の「ぎゃー助けて」

 ふざけるなって感じです。
 由布子さんや亡くなったお母さんの真弓さんが
 どれだけ恐怖だったことか。

 

まとめ

 由布子さんへの殺人未遂容疑で逮捕された白川容疑者は
 「殺意を持って家に行ったわけではない」などと
 容疑を否認しているそうです。
 白川容疑者は「話し合いをしようと思って家に行った。
 家に入ってからの記憶はほとんどない」などと供述している
 そうですが、そんな言い訳が通用すると思っているのでしょうか。

 家に侵入するためバットを持って行き、「警察に電話する」と
 言われ殴ってしまったと白川容疑者は話しているそうですが
 話し合いにバットは必要ありません。
 警察からの注意で逆上したのかはわかりませんが、バットを
 持って行っている時点で殺意はなかったと言っても通用しないと
 思います。

 そして、「家に入ってからの記憶はほとんどない」
 家に入ってからの記憶はないけど、
 殺傷事件を起こした記憶はあるんですか?
 実家で「捕まるくらいなら死ぬ」と言ってるんですよね。
 もうね、こういう男見たくないです。
 死ぬとかいっても死ねなくて、しかも「助けて」ですよ?
 自分が起こしたこの事件、しっかり向き合ってほしいです。

 結婚したからといっても、奥さんは自分の所有物では
 ありません。
 自分の奥さんだから何をしてもいいわけでは
 ありません。

 そして記憶がないとか、政治家の真似ですか?

 本当に捕まってよかったと思います。
 そして、自殺をほのめかしていたようですが
 死なずに捕まってよかったです。
 生きながら、きっちり罪を償うべきだと思います。

 二度とこんな事件は起きてほしくないですね。
 でもDVに悩んでいる方、本当はいると思います。

 

 全国共通DVホットライン 
 フリーコール 0120-956-080
 平日 月曜~土曜 10:00 ~ 15:00

 ひとりで悩まず、相談してください。
 ほかにも各市町村にも相談できる窓口があります。
 警察より先にこういう機関に相談してみては
 いかがでしょうか。